スポンサードリンク

うつ病と感情障害・脳梗塞の後遺症

うつ病と感情障害・脳梗塞後遺症

脳梗塞後遺症には、感情面の障害もあります。

イライラしやすくなったり、怒りっぽくなるなど、感情が不安定になります。

物事に固執してトラブルを起こすこともあり、反対に意欲が低下して表情がなくなるような場合もあります。


ほんのちょっとしたことで泣いたり、笑ったり、ひどくおびえたりすることもあります。

場合によっては幻覚や妄想があらわれることもあります。


うつ状態も脳梗塞後におきます。

それまで何不自由なく生活していた人が、スムーズに言葉を発することができなくなり、トイレにいくのにも人の手を借りないとならなくなるわけですから、大きなショックをうけても当然です。


こうした喪失感によるうつ状態だけでなく、脳の機能が損傷されることによるうつ状態、言葉に感情をこめることができないことによる見せかけのうつ状態もあります。

高齢や認知症によって、うつ状態が出現することもあります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。