スポンサードリンク

脳梗塞と排尿障害

脳梗塞後遺症に排尿障害があります。

排尿障害は、排尿をコントロールできない症状です。


排尿にはたくさんの神経が関係しています。

排尿にかかわる神経が障害されると、尿意を感じなくなったり、失禁したり、頻尿になったり、尿がでないなどの障害があらわれます。


尿がたまって膀胱の筋肉が伸びると、その刺激によって排尿を促す命令が出されます。

これは排尿反射といいます。


この仕組みでは尿がたまると反射的に排尿してしまうことになり、日常生活にさし支えます。

そこで脳によって排尿のタイミングがコントロールされています。


しかし脳卒中によって排尿をコントロールしている大脳や脳幹が障害を受けると、排尿を我慢する能力が失われ、頻尿になったり失禁することが多くなります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:微小脳梗塞
次の記事:脳梗塞と失語症
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。