スポンサードリンク

脳梗塞の後遺症・感覚障害

脳梗塞の後遺症・感覚障害

しびれや鈍さが残る感覚障害

感覚を司っている神経は、運動をつかさどる神経とほぼ同じ経路で走行しています。

そのために、マヒや痙攣などの運動障害がおきると、同時に感覚障害が起きがちです。


手足にしびれを感じたり、物にふれても感覚が鈍くなったり、熱いものや冷たいものに対する反応が鈍くなります。

やけどをしても、外傷をおっても痛みを感じにくくなります。


寝たきりの状態では、血行不良によって床ずれができても、重症になるまでは気づかないこともあります。


出血や脳梗塞が起こった場所によっては、マヒを伴わないで、しびれが後遺症として残る場合もあります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。