スポンサードリンク

脳梗塞の後遺症・運動障害

脳梗塞後遺症・運動障害

脳梗塞後遺症でよく見られるのが手足の運動障害です。

そしてあらわれる症状のほとんどは片マヒです。


傷害された脳が左側であれば、反対側の右の手足にマヒがあらわれます。


マヒの程度は障害の程度に影響され、まったくあるいはほとんど動かないケースもありますし、筋肉が重く突っ張った感じがする程度の場合もあります。


これとは反対に、動かそうという意思はないのに、手足が勝手に動くという不随意運動の後遺症が残るケースもあります。

よくあるケースは、健康な側に力を入れるとマヒ側の手足が勝手に動くという現象です。


また小脳が損傷されてしまうと、ふらふらする、バランスが悪くなってうまく歩けない、めまいがするといった運動失調を訴えるケースが多く見られます。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。