スポンサードリンク

一過性脳虚血発作とは

一過性脳虚血発作は、脳梗塞のサインです。

脳卒中の発作は、突然におこる症状です。

脳出血では頭痛、嘔吐や意識障害などの症状がおこり、くも膜下出血ではハンマーでなぐられたような激しい頭痛に襲われます。

脳梗塞でははじめから意識が失われることはなく、身体の片側の麻痺、言葉がでてこない、バランスがとれない、物が二十に見える、食べ物が飲み込みにくいなどの症状がおこります。


脳梗塞の場合はしばしば一過性脳虚血発作という前ぶれ症状があらわれます。

急にろれつがまわらなくなる、手が震える、片方の手足の力が入らない、はしやぺんを落とす、身体の半分がしびれる、物が二十に見える、片方の目が見えなくなるなどと脳梗塞の発作と同じような症状ですが、一過性脳虚血発作は数分から長くても一日以内に症状が消えてしまいます。

ですから本格的な脳梗塞への前ぶれ症状として注意が必要になります。


一過性脳虚血発作は、血栓がつまるなどして一時的に脳の血流が途絶えるためにおこります。

大抵は血栓がすぐ流されたたり、自然にとけるために大事にはいたりませんが、放っておくと一過性脳虚血発作をおこした人の3割が5年以内に脳梗塞を起こしてしまうそうです。


一過性脳虚血発作の段階で治療を始めておけば、脳梗塞にならずに済む場合が多いので、気になる症状があったら自己判断をしないで専門医の診断を受けることが大切です。



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!