スポンサードリンク

脳梗塞の失語症

脳梗塞/失語症

脳梗塞の後遺症ででてくるのが失語症です。

言語中枢のどこが障害されたかによって、症状のあらわれかたが異なってきます。

失語症は症状の現れ方によっていくつかタイプに分けられます。


脳梗塞失語症 ブローカ失語

目も耳も機能していて、相手の言葉や文字を理解することはできても、それに対して正しい言葉がでてきません。

自分から話すことはほとんどないですが、質問に対しては肯定・否定で答えることができます。

言葉を出すときは自分がしゃべりたい言葉がなかなか出にくいことがおおくあって抑揚にとぼしくなります。


脳梗塞失語症 ウェルニッケ失語

流暢に話をしますが、意味のない言葉とかいい間違いが多く、意味不明の話の内容が多いです。

認知症と判断される場合があります。


脳梗塞失語症 健忘失語

理解力はいいですが、言葉が思い出せずに回りくどい話し方になってしまいます。


脳梗塞失語症 全失語

言葉を理解する能力、そして言葉を表現する能力がともに失われてしまいます。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。