スポンサードリンク

脳梗塞後のリハビリテーション

脳梗塞リハビリテーション

脳梗塞になって障害が起こると社会復帰するまでの間にいろいろな訓練が必要になります。

これがリハビリテーションです。

リハビリテーションの目的は残された機能を最大限に引き上げて、家庭復帰や職場復帰をさせるために行います。


特に脳梗塞後に障害がある場合は早めのリハビリテーションが大切になってきます。

手足の麻痺や言語障害などを認めた場合、その機能回復のためリハビリテーションを行います。

現在では一日でも早く開始することが望ましいと言われています。



降圧剤に脳梗塞再発予防効果があることがわかってきました。

脳梗塞の再発を防ぐためにも血圧は限りなく正常に近づけることが重要になります。


降圧剤は血圧を下げるだけではなく、動脈硬化を抑えたり脳卒中再発を予防したりと様々な効果が知られています。

薬を飲用している人は、血圧が下がったといって自己判断で中止しないよう気をつけることが大切です。


高脂血症薬においても再発予防につながる可能性があるのではないかと期待されています。

高脂血症薬の人の中で脳梗塞になる人が少ないというデータがあってこれをうけて再発予防にも効果があるのではないかと期待されています。

現在日本で研究が進んでいるそうです。


このように脳梗塞の治療について述べてきましたが最も大事なのは、脳梗塞にならないようにすることが大切です。

脳梗塞の再発予防は二次予防になります。





このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。