スポンサードリンク

脳梗塞の治療薬

脳梗塞治療薬

脳梗塞の新治療薬が保険適応に
心筋梗塞の治療薬としてはすでに承認

厚生労働省は、脳梗塞の新治療薬「tPA(組織プラスミノゲン)」を、保険適応とすることを承認した。

脳梗塞は、脳動脈が血栓(血液のかたまり)などでつまってしまう病気。血流が止まり、脳に栄養や酸素が送られなくなるため、脳細胞が壊死し、半身麻痺などの障害を残したり、死につながることもある。

今回承認されたtPAは、プラスミノゲンという物質を活性化するもの。新たな血栓をできにくくしたり、できてしまった血栓をやわらかくして溶かして、脳の血流を再開させる。

アサヒ.comより転載

t-paは、ウロキナーゼに比べてずっと費用の面でも安いのにずっと許可が下りずでした。

日本の厚生労働省の対応は、慎重なのは利点としてあるかもしれませんが、対応が遅いという感は歪めません。


yahoo知恵袋 教えてgooより
脳梗塞の治療薬での副作用
母が脳梗塞で倒れて、搬送先の病院で、倒れて3時間以内ということで、血栓を溶かす薬(アルテプラーゼ)を使ったのですが、残念の事にその薬の副作用で、脳出血を起こしてしまい、意識不明の状態が、60日になりま... 2007/02/23 1:39:10

脳梗塞後遺症と薬について
・・・知人の事でお伺いします。脳梗塞で後遺症として軽い(本人にとっては苦痛なのです)と思われる症状が残っています。半身のしびれ感による運動障害があって、障害認定も受けています。医者から処方されるのは、... 2004-01-05 21:52:00

脳梗塞の後遺症
・・・ていたためか 気力がなく 一日中ウトウトし食事も時間がかかるので脳のCT・・4ヶ月前と比べ 私が見ても判るくらい脳が萎縮してました。また、脳梗塞も広がつてます。医者は刺激を与えるためにも "声か... 2004-03-03 12:20:00

脳梗塞の薬
・・・た「脳梗塞の薬」について・・・母が昨年1月に「脳梗塞」になりました。幸い軽いものだったので右顔面に少しだけ「ひきつり」があるだけであとは普通通りの生活をしています。しかし、医者から処方されている... 2002-07-25 14:53:00

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。