スポンサードリンク

多発性脳梗塞の痴呆症状

多発性脳梗塞の症状

多発性脳梗塞は、脳内の細い血管に血栓がいくつも出来ることからおきます。


痴呆にはアルツハイマー型と脳血管性のものがありますが、多発性脳梗塞による痴呆では、日本人にはアルツハイマー型痴呆よりも多く見られます。


自覚症状は、初期には物忘れしやすくなったりすることが分かります。


また些細なことで泣いたり、怒ったり、精神的に不安定になることが多くなります。


そしてこの症状は段階的に進んでいきます。

原因はさまざまですが、高血圧や糖尿病などに起因することが多い様です。


脳血管性痴呆とは、脳血管障害の結果生じた痴呆のことをいいます。


脳血管障害は、大きく分けると脳出血と脳梗塞があります。

年をとるとともに動脈硬化が進行し、そのため脳血管は緊張性を失って弱くなります。

これに高血圧が加わると、弱った血管が破れ、血液が脳組織の中に進入して脳の機能を破壊します。


脳血栓が血圧の低い夜間、あるいは夏に起こるのに反し、脳出血は血圧の高い昼間の活動時、冬に起こりやすいものです。脳梗塞は、脳の血管がつまって、それから先の組織がだめになった状態をいいます。

発作の直後やしばらくたってから、痴呆症状が出てくることもあります。


たとえば神経症状として歩行障害、言語障害がみられたり、
多彩な症状を伴っています。軽いものもあれば重症のものもあり、進行するものもあります。


症状により血圧の異常を整え、脳の血圧循環が不良の状態にあるものは、脳血管拡張剤で通りをよくし、脳代謝腑活剤で脳の機能を活発にさせたりすると、進行せずに回復が期待されるのもあります。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:微小脳梗塞とは
次の記事:脳梗塞の治療薬
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。