スポンサードリンク

脳梗塞の専門医が少ない!

脳梗塞(脳血管内治療)の専門医が日本では、少ないそうですが

くも膜下出血を招く脳動脈瘤(りゅう)などの治療法には、頭蓋(ずがい)骨を開けて行う開頭手術のほかに、血管の内側から治す脳血管内治療という方法がある。

いずれも脳外科の担当で、血管内治療は手術よりも体への負担が軽いので、欧米では治療の柱として確立しているが、高度な技術が必要で日本ではまだ専門家が少ない。

続き 読売ニュースより抜粋


脳梗塞の急性期とは

ですから、脳梗塞の発症後にはできるだけ早く、専門医を受診して脳や合併症に対する適切な治療を受けることがきわめて大切になってきます。 急性期には脳に対する治療と合併症に対する治療が行われます。 脳梗塞の... 2007/03/12 12:16:13

セカンドオピニオンのすすめ

ですから本当は患者さんの肉体的年齢(70才の割には元気など)、合併症(糖尿病、痴呆、脳梗塞後遺症:人工膀胱の管理が自分で出来るか否かなど)、仕事(運転手やパイロットなど)、哲学、性格(如何しても手術を... 2007/03/07 10:24:00

脳梗塞」のこと

原因によっては「血管内治療」という方法もあるようですが、それはその「専門医」がその病院にいればのこそ。大体「脳梗塞」という病気病院のどこの「科」でかかるべきか、というより現在何科で治療されているか、お... 2007/03/12 9:35:48

めまいの原因と病気:脳・血圧・仮面うつ

また、脳が原因の突然のめまいの殆どは脳出血か脳梗塞といわれています。 脳出血・脳梗塞では、ひどい頭痛、片側の手足のしびれ、ろれつが回らない症状を伴います。怪しいと思ったら、専門医の受診を受けてください... 2007/03/09 10:12:50

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:脳梗塞の検査
次の記事:脳梗塞の初期症状
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。