スポンサードリンク

若年性脳梗塞とは

若年性脳梗塞とは

脳梗塞というと高齢の人の病気のように多くの人が思っていると思います。

確かに脳梗塞は60歳以上の人に多く発症します。

ところが最近の傾向として、40〜50歳代の働き盛りの人で脳梗塞と診断される人が目立ち、ときには10〜20歳代の人にもみられるようになりました。

それにはいろいろな要因があると思いますが、一般的に若い人の脳梗塞(若年性脳梗塞)は、40歳あるいは45歳までに起きた脳梗塞をさします。


若年性脳梗塞の原因

若い人と高齢の人の脳梗塞においては、発症の原因に多少の違いがあります。

高血圧、糖尿病、高脂血症など動脈硬化の危険因子について、多数あるいは1つでも異常をもつ人は、若年性脳梗塞にになりやすいといえます。

最近ではメタボリックシンドロームとよばれるようになり警鐘がならされるようになりました。


若年性脳梗塞にになった人のなかには、これらの危険因子がなく生まれもった体質や後天的に得た何らかの異常が脳梗塞の原因になっている人の多くみられます。


若年性脳梗塞になった人はもちろん、その家族、血縁者に脳卒中の多い人、原因不明の脳卒中になった人などは、専門的な精密検査をしたほういいかもしれません。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:脳梗塞の急性期とは
次の記事:脳梗塞の検査
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。