スポンサードリンク

脳梗塞における手術

脳梗塞手術が行われる場合

脳梗塞手術が必要になることありません大概、薬で治療が行われます。

ただ、動脈に詰まった血栓の摘出術や血液の不足した脳に対する血管のバイパス手術が行われることがときにはあります。

脳梗塞に引き続いて生じる脳のはに対して, 減圧開頭術(頭蓋骨をはずす)がまれにですが行われるときがあります。


脳が腫れてくると頭の中の圧力が上昇してしまって脳を圧迫し、具合が更に悪くなり,生命の危険も生じてきます。

この様な状態の時は、脳梗塞以外にも,重症の頭部外傷・くも膜下出血・脳内出血などでも起こることがあります。

こうした状態つまり、頭蓋内圧が著しく上昇したときに,頭蓋骨の一部分を手術にて除去することによって圧力を外に逃がしてやることが目的の手術を減圧開頭術といいます。


骨を外したところの脳は、皮膚でおおわれているので特に心配はありません。

そして、数週間の時間をおいて、頭蓋内圧が正常に戻ったら,もう一度手術をして,元に戻します。

それまでの間に取り外した骨は、零下70度程度の冷凍庫で保存されます。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。