スポンサードリンク

脳梗塞ではラクナ梗塞が多い

ラクナ梗塞とは

ラクナ梗塞はなんらかの原因で髪の毛よりも細い脳の血管が詰まり、酸素と栄養の補給が絶たれて、狭い範囲の神経細胞が死滅する、ごく軽い脳梗塞のことをいいます


脳には約1兆個の細胞がありますが、そのうち大脳皮質では、脳内で情報を伝える神経細胞だけで、140億個あり、30歳を過ぎると、毎日10〜20万個は死んでしまうと考えられていますが、その最大原因がラクナ梗塞になります。


ラクナ梗塞は、ほとんど症状がなく、あってもごく軽いので気付かないことが多いため、無症候性脳梗塞ともいわれます

本人も気がつかないうちにあちこちにラクナ梗塞が起こり、ついには脳血管性のぼけになる場合もあることです。


ラクナ梗塞ができやすい生活を続けていれば、やがて太い血管でも脳梗塞が起こる危険性は高くなります


実際に、本格的な脳梗塞を起こした人の脳を調べると、約9割にラクナ梗塞が認めれています。

70歳をすぎても100パーセント近くの人がラクナ梗塞にかかっています。



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:脳梗塞の前触れ
次の記事:脳梗塞における手術