スポンサードリンク

脳梗塞の前触れ

脳梗塞前触れ

脳梗塞前触れは一過性脳虚血発作からきます。

脳の血液が一時的に途絶えることによって手足のしびれや運動障害が出現し、数時間以内に症状が消え、完全に元に戻ることがあります。

これは一過性脳虚血発作といい、そのまま放置すると多くの入が本当の脳梗塞になると言われており、脳梗塞前ぶれです。



脳梗塞の症状は、脳梗塞におちいった部位や範囲によって、軽いものから、大きな後遺症を残すものまでさまざまです。

手足に力がはいらない、手足がしびれる、話し方がおかしい、ろれつがまわらない、食事の飲み込みが悪い、目が見えにくいなとが代表的な症状です。

詰まった血管によっては、めまいや耳鳴りなとが生じることもあります。

痴呆症状や一過性黒内障といって一過性に視力障害を呈することもあります。

 
脳梗塞は、睡眠中におこり、朝起きたときに片側の麻痺に気付いたり会話中に突然言葉がでなくなったりと、いつでも、どこでも起こる病気です。

その現れ方は、多くは前ぶれもなく、突然現れます。

脳梗塞の中には、無症状で脳の血管を詰まらせるものもあります。

このような脳梗塞も、今後進行し、いずれさまざまな症状がでてくるので早めの治療が大切になります。



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!