スポンサードリンク

無症候性脳梗塞とは

無症候性脳梗塞とは

高齢者の方がMRIの検査を受けると、脳の中に白くなった映像写真が見られます。

この白く写った症状を無症候性脳梗塞といわれています。


脳梗塞にかかってしまうと脳の血液の流れがが全く途絶えてしまい、酸素と栄養が届かなくなった脳の神経細胞は壊死してします。

そうすると脳の障害に応じて麻痺とか失語といった症状があらわれてきます。


無症候性脳梗塞の場合でも、やはりその部分の脳の血液の流れは悪くなっています。

しかし、無症候性脳梗塞の場合は、広範囲にわたって血液の流れが全くなくなってしまうわけではないので、症状を起こしているところの大部分の細胞は弱くなっている程度で完全には死んではいません。

そのため無症候性脳梗塞の場合は、よほど高度の変化とならない限り、まず麻痺などの症状はでてきませんし、痴呆などとも関係しません。


無症候性脳梗塞は、60歳ぐらいからでてくるようになり、70歳ぐらいになると大多数の人でその症状が見られるようになります。

ですから特に病気というよりは老化現象といった方が適切です。

年齢相応の無症候性脳梗塞は心配いりませんし、脳神経外科にいっても治療はされないと思います。


しかし、動脈硬化を反映した変化と考えられていて、あまり多過ぎるのはよくありません。

無症候性脳梗塞が目立つ人は、高血圧や糖尿病、高脂血症といった動脈硬化の危険因子を持っていることが多く、こういった場合は、まずその治療が必要となります。


食事や運動を含めた生活習慣を変えていくことが大切です。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。