スポンサードリンク

脳梗塞の再発について

脳梗塞再発を起こしやすい病気です。

脳梗塞再発を起こすと後遺症はおもくなり、寝たきりや脳血管性の痴呆を招くことあります。

ですから脳梗塞の急性期の治療が終わったら、今度は再発を防ぐための対策をとることが必要になります。


脳梗塞再発は3年以内に20〜30%の患者さんに起こり、特に脳梗塞では1年以内に多くの患者さんが再発します。

もちろん、通院を中断してしまった患者さんでは尚更再発し易くなるのですから、再発予防には長期間に渡る外来通院によって疾病および健康をしっかり管理しておくことが大切です。


また脳梗塞は、同じところに再発をすることもありますが、普通は、以前発症したときとは別のところにおこります。

そのため、再発を繰り返してしまうと、そのたびに新たな障害が発生して、寝たきりや脳血管性の痴呆になる可能性が高くなります。


ですからこうした深刻な状態を防ぐためにも、日ごろから脳梗塞再発を防ぐように努めることが大切になります。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。