スポンサードリンク

脳梗塞での食事の注意

脳梗塞食事における注意点

毎日食べる食事に注意をすることで、脳梗塞を予防したり、脳梗塞の再発を防ぐことが大切になります。


食事に注意するで、高血圧などの脳梗塞の危険因子を除去することができるとともに、肥満防止につとめましょう。


脳梗塞を予防する食事は、基本は、薄味にし、漬物やインスタント食品の様な食塩を多く含むものを避け、味噌汁をおかわりしない様にします。

更に、食事は腹八分目までとし、体重を増やさないようにします。


タバコは止め、アルコールは日本酒1合、ビール小瓶1本、ウイスキーダブル1杯以内とし、コーヒーは1〜2杯までで止めましょう。


これらの注意をしていても高血圧や肥満になる人は専門的な栄養指導を受ける必要があります。


食事は動脈硬化対策を視野にいれて、特に食生活の欧米化、高脂肪で高たんぱくの食事からはできるだけ足をあらい、伝統的な和食に切り替えていくことが大切です。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。