スポンサードリンク

脳梗塞の初期症状について

脳梗塞初期症状に気をつけよう

脳梗塞は一刻を争う病気です。

脳梗塞によって止められた血液の流れは、脳の神経細胞に十分な酸素や栄養をとどけることをそがいしてしまいます。

脳梗塞においてはその初期症状を見逃さないことが極めて大切になってきます。


脳梗塞の初期症状としては、

顔の半分や片方の手足がしびれる、力が抜ける(片麻痺)

突然、しゃべり難くなる(構音障害)、思ったことが言葉にならない(運動性失語)、他人の言うことが理解できなくなる(感覚性失語)などの言語障害

急に片方の眼が見えなくなる、視野が狭くなる、物が二つに見えるなどの視覚障害

身体がふらつく、バランスが取れない、力はあるのに立てない、歩けない(失調)などの平衡障害

意識が薄れる、意識が無くなる、などの意識障害   


などがあります。


脳梗塞におけるこうした初期症状を見逃すことなく対処するようにしましょう。

特に糖尿病や高血圧、肥満や高脂血症を持っている方は特に注意が必要です。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。