スポンサードリンク

隠れ脳梗塞とは

隠れ脳梗塞とは

脳梗塞は、脳の動脈が詰まってその先に血液が行かなくなり、脳の神経細胞が傷つけられたり、死滅したりして起こります。

隠れ脳梗塞は、この初期の段階で、数ミリ程度の小さな梗塞が数個出現し、段階を経るごとに、脳のあちらこちらに広がります。

自覚症状はなくても、放っておくと本格的な重篤な脳梗塞へと発展する、このような状態を隠れ脳梗塞といいます。


隠れ脳梗塞が増加をしていくと、約3割の人が脳梗塞の発作を起おこします。

隠れ脳梗塞の恐ろしい点は、本人にまったく自覚症状がないことです。


症状があったとしても、大概、短時間で元にもどり、重大な問題だと考えられていないことです。

そのため放置されることが多く、重篤な脳梗塞に移行することが多いのです。


脳のあちこちに隠れ脳梗塞が増えていることがわかってから、数年以内に約3割の人が脳梗塞の発作を起こすというデータもあり、また脳梗塞が日本人の死因ベスト3に入りさらに年々増加傾向のあることからも、隠れ脳梗塞は侮れません。

早期発見と、日ごろから隠れ脳梗塞にならない生活習慣を改善していくことが根本です。



脳梗塞とは

脳梗塞(のうこうそく、cerebral infarction)別名脳軟化症ともいわれる。脳を栄養する動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいう。また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれる事がある。なかでも、症状が激烈で(片麻痺、意識障害、失語など)突然に発症したものは、他の原因によるものも含め、一般に脳卒中と呼ばれる。それに対して、緩徐に進行 ...  続きはこちら

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDL のライセンスが適応され、保護されていま
す。

ウィキペディアはこちら
http://ja.wikipedia.org/

GFDL のライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html




このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!