スポンサードリンク

脳梗塞を予防する

脳梗塞はかかってから手を打つよりも、予防を心がけるほうが、はるかに負担はかるくなります。


脳梗塞予防 @生活習慣病の管理

高血圧、糖尿病、高脂血症、また心房細動などの心臓病の場合は、食事療法、運動療法や内服薬の服用など、医師の指示に従ってコントロールしていきます。


脳梗塞予防 A食事

脂肪や塩分の取りすぎに注意し、腹八分目を心がけ適正なエネルギー量の食事にする。

魚の油(DHA)は血栓をできにくくする効果があるので、食事のメニューに取り入れる。


脳梗塞予防 B運動

肥満を防ぎ、体の血流をよくするために、ウォーキングなどで体を動かすようにします。


脳梗塞予防 C禁煙、節酒

タバコや含まれる有害物質は動脈硬化や血管の収縮を起こすため、禁煙を心がけるようにします。

1日のアルコールの摂取は、日本酒なら1合、ビールなら大ビン1本程度にすることです。


脳梗塞予防 D入浴

お湯の温度は38〜40℃のぬるめにし、長湯はさけるようにします。ただし半身浴をするときは長めに

のどが渇いたらこまめに水分補給をする。


脳梗塞予防 E季節ごとの注意

夏は汗をかいて脱水状態になりやすく、血液が濃くなり血栓ができやすくなるので、定期的な水分補給をします。

心臓病の人は、水分量については医師の指示に従ってください。

冬は寒さのため血圧が上昇しやすいので部屋や風呂場、外出時の温度差に注意するようにしましょう。 



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:多発性脳梗塞とは
次の記事:隠れ脳梗塞とは