スポンサードリンク

脳梗塞の前兆

脳梗塞前兆であるしびれや麻痺に気をつける

半身の麻痺やしびれが生じる脳梗塞前兆である一過性脳虚血発作は、その名の通り症状がすぐに回復することから、軽くとらえがちな症状です。

将来的には脳梗塞を発症する危険性がある症状で、症状があれば早めの通院が必要です。


脳梗塞前兆である症状

めまいや半身の麻痺、しびれを始めとして軽い言語障害などが突発的に起これば注意が必要です。

めまいに加え、体のふらつきやしゃべりにくさが伴った場合、この脳梗塞前兆を疑いましょう。

脳梗塞前兆である一過性虚血発作のほとんどの場合は、数分から数時間で感覚が戻り症状は消えてしまいますがそのために病院に行かないで済ませてしまう人が多い。


脳梗塞前兆である一過性虚血発作の起こる原因
 
脳の細小動脈が一時的に詰まったり、細くなったりすることから血流の流れが減少、これによりおこる症状です。

症状が比較的、短時間で回復するのはその間に血栓が溶けて流れたり、減少した血流が回復するためといわれています。


気をつけなければいきないのは、一度でも血栓が出来て血流が途絶えると、再発しやすいことです。

ひとたびこの病気にかかると、数年以内に20〜30%の確率で脳梗塞を起こすと言われているので注意が必要です。

 
この症状を引き起こす原因は二つです。

第一に高血圧や糖尿病のために、細い動脈の動脈硬化が進んで血管が狭くなっている時に、低血圧などにより血液の流れが弱くなり、その結果血液が滞留することで発症します。

第二に心臓病を患っている人は、血管に血栓が出来やすく、その小さな血栓などが脳の血管を塞いでしまうため生じます。


高血圧や糖尿病、心臓病を抱えている人で、この症状が出た時は、気を付ける必要があります。


脳梗塞前兆である主な症状

運動障害 動かせない、力が入らない

感覚障害 しびれる、感覚が鈍くなる

視覚障害 視野が半分、欠けて見える

言語障害 ろれつが回らない、言葉がでない

バランス感覚の障害 めまい



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。