スポンサードリンク

脳梗塞の後遺症について

脳梗塞後遺症について

脳梗塞は,すべての神経や機能を司っている脳の細胞が壊れてしまう病気でなのでその後遺症も多岐にわたります。


脳梗塞の状態が最悪の場合は死を招く場合もありますが血栓によって血液の流れが止まってしまった場所によって引き起こされる障害は違います。

脳細胞のどの箇所が死んでしまったかによって後遺症や障害が違ってくるということです。


多くの場合は次のような障害を引き起こします。

脳の運動機能に関係する細胞が壊死してしまえばマヒが残ることが予想されます。

片マヒと呼ばれる後遺症です。


脳の視覚中枢の細胞が壊れると、視野障害(失明,視力低下など)が引き起こされます。

脳の知的中枢ならば,痴呆などを引き起こす場合もあります。


感覚障害、言語障害、失読、失書、妄想や気分・感情の異常,記憶障害などの精神症状、尿失禁といった障害があらわれてきます。


また脳梗塞後遺症には、情緒障害といったものもあります。


自分から何かを進んでしようとしない、新聞や本を読まなくなった、テレビのチャンネルさえ変えない、身だしなみにも無頓着になった、など自発性の低下があります。

さらに,会話が少なくなった,笑わない,すぐに泣いてしまう,夜間の徘徊,不穏,興奮状態などを引き起こす場合があります。


このように脳梗塞の後遺症は、健康や日々の生活に重大な影響を与えるものです。

こうした重度の後遺症に陥らないために、脳梗塞の場合は、日頃から危険な徴候を見きわめておくことが大切になります。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:脳梗塞とt-pa
次の記事:脳梗塞の前兆
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。