スポンサードリンク

脳梗塞とt-pa

脳梗塞の治療で使われるt-pa

脳梗塞が発症して、3時間以内に薬を使って血流を回復させる方法がt-paなどを使った血栓溶解療法です。

ここ数年では、脳梗塞治療にt-paという血栓溶解薬を用いた血栓溶解療法が注目をされています。

t-paは、欧米ではすでに脳梗塞の急性期の治療法として行われていて、大きな効果をあげています。


血栓溶解療法は、脳の血管につまった血栓を薬を使って直接溶かす治療法のことです。

腕の静脈に点滴する方法と、カテーテルと呼ばれる細い管を脳の動脈まで送り込み、血栓の手前で薬を投与する方法があります。

アメリカでは、静脈に点滴をして行う治療を脳梗塞発症後の3時間以内に、カテーテルによる治療を脳梗塞発症後の6時間以内におこなうことによってほぼ同じような治療成績が得られています。


日本では、今はまだt-paを使った血栓溶解療法には、健康保険が適用されません。


脳梗塞の発症から一定の時間が過ぎてしまうと脳の血管壁は非常にもろくなってしまいます。

そのために、時間がたってからt-paを使うと、詰まった血管が破れて出血をしてしまうことがあります。


t-paは、高い効果をあげている薬ですが、血栓溶解療法を受けるには、できるだけ早く受診することが極めて、大切になります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。