スポンサードリンク

脳梗塞と看護

脳梗塞看護

脳梗塞の後遺症からの回復には残された脳の再学習が必須項目になります。

脳の回復に看護の力が大きな影響を与えます。

突然、体の一部が動かなくなり、病院に数ヵ月通院するも回復せず、医師から回復不能と言われた場合でも、本人に改善への強い意志があれば、献身的な脳梗塞看護で回復する可能性もあります。


脳梗塞の後遺症からの回復には、残された脳の再学習が必須になります。

ですから本人の学習意欲は絶対に必要です。

病院などの面接で、今後の見通しをつけるようにします。


本人が回復することに対して意欲を無くしている場合は、特に高齢者の場合は歩行訓練は、希望というよりも拷問になってしまい、余生を苦しめる場合もあります。

意欲に乏しければ、回復は困難になります。


家族が安らかに余生を過ごせる環境を用意するため、脳梗塞看護を受けられる施設へ入ることも必要になるかもしれません。


脳梗塞のリハビリでは、たびたび通院する必要があるので、近所で、良心的に効果ある対応をしてくれる医療関係者がいる、評判がいいところを捜すことも大切です。



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。