スポンサードリンク

脳梗塞の治療


脳梗塞治療

脳梗塞は急性期の適切な治療で、後遺症を減らします。


脳梗塞の発症から1〜2週間を急性期といいます。

急性期には、発症から時間がたてばたつほど、多くの脳細胞が死んでいきます。


また脳がむくんだり、肺炎や、心不全などの合併症起こすなどして、危険な状態に陥る場合もあります。

そのためにも脳梗塞になったらできるだけ早く、専門医を受診して、脳や合併症に対する適切な治療を受けることが大切になります。


脳梗塞では、脳の血管がつまるため、そこから先に血流が流れていかなくなるわけですが、その結果として脳細胞が酸欠状態になって死んでしまいます。


脳梗塞を起こしている周囲には、機能は停止していますが、まだ死んでいないペナングラという脳細胞があります。

ペナングラは死にかけている細胞ですからそのまま放っておくと短時間のうちに死んでしまいます。

そうするとそれだけ脳の障害も重くなるわけです。


ですから脳梗塞の急性期には、手遅れにならないうちにペナンプラを助けて、後遺症をできるだけ軽くすることが大切になります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。