スポンサードリンク

高血圧/早朝高血圧と脳卒中


早朝高血圧という言葉は、聞いたことがありますか?

血圧は一日中一定ではなく、刻々と変化をしますが、健康な人の血圧は、夜寝ている間は低く、朝方になって上昇し始め、昼間起きている時間帯は高くります。


ところが最近では、薬を飲んで昼間の血圧が正常であっても、朝の血圧が特に高くなる、早朝高血圧の人が多くなっています。


そんな高血圧から引き起こされるのが、脳梗塞などで、そのサインとして注意しなければならないのが早朝高血圧です。


実際に脳梗塞は、午前6時から、正午の間におきることが多く、他の時間帯に比べると、5割増しになっています。


早朝高血圧を防ぐために、早朝の血圧値を下げることが必要なのですが、病院にかかっていても、外来の血圧管理をおこなうだけで、正確な早朝血圧値をつかむことは難しいといいます。


薬を服用している人の中に、早朝高血圧の人がどのくらいいるかというと、半数の人が早朝高血圧であったと結果があるそうです。

薬を使って昼間の血圧の正常な人でも、朝の血圧が高い場合が多いということです。


早朝高血圧が問題なのは、朝の急激な血圧上昇が心臓病とか脳梗塞に関係すると考えられているからです。


早朝高血圧の解決策としては、自宅で測定することがお勧めです。

一日の自分の血圧の動きを知り、早朝高血圧を見つけるためには、とりあえず毎日、朝一定の時間を決めて、座った状態で、家庭の血圧計を使って2〜3回計って平均値を出すようにしましょう。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:脳梗塞の治療
次の記事:脳梗塞の後遺症
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。