スポンサードリンク

脳梗塞のリハビリテーション


脳梗塞を起こすと、多くの場合は後遺症を残してしまうことになります。

脳梗塞リハビリテーションは、少しでも障害を軽くし、残された機能を生かして日常生活に復帰させることを目的としています。


リハビリテーションが必要な理由

脳梗塞の発作後、早期に適切なリハビリテーションが行われないと、さまざまなトラブルがでてきます。

麻痺した手を動かさないとやがて関節が変形し固まり、動かなくなる。

じっと寝たままだと、麻痺した側だけでなく健常な部分の筋肉もやせ細ってしまいます。

血圧の調節ができなくなって、身体をうごかすとめまいがする。

精神的な面でも不安やうつなどの症状があらわれるようになります。


脳梗塞によっておきたこれらの症状を押さえ残されたからだの機能を活用して、日常生活や社会生活に復帰できるようにするためには、適切なリハビリテーションが必要になってきます。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。