スポンサードリンク

脳梗塞の外科的治療


脳梗塞治療は、内科的治療が中心で、外科的治療を行うのは、内科的治療が効果がなかった場合や脳梗塞の再発を予防することが目的です。


脳梗塞治療 頚動脈内剥離術

動脈硬化によって、頚動脈の内腔がせまくなると、脳梗塞をおこしやすくなります。

そこど頚動脈を切り開いて、内側についている血栓とアテローム硬化巣を取り除く手術を行います。


脳梗塞治療 パルーン術

太ももの付け根から、先端にバルーンをつけたカテーテルを挿入して、動脈硬化によって内腔がせまくなったところまで、部位を送り込んでバルーンをふくらませて、血管を広げます。

この治療法は、脳梗塞を起こしているが、血管が完全に閉塞していない場合に行いますが、まだ一般的ではありません。


脳梗塞治療 血行再建術

頭蓋骨の齟齬多を走っている頭皮の動脈を、脳動脈につないで、脳の血行を改善させようとする手術です。

ただしこの方法では、再発予防に役立つ結果はえられていないということです。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。