スポンサードリンク

内臓脂肪は高脂血症の原因


内臓脂肪がたまると、高脂血症になりやすくなります。


高脂血症では、空腹になって、身体がエネルギーを必要とするとき、脂肪細胞が遊離脂肪酸などに分解されて肝臓に運ばれます。


遊離脂肪酸は肝臓で中性脂肪にごうせいされますが、油である中性脂肪は水分が主成分である血液に溶け込むことができません。

水と油は相反しますもんね。


そこでタンパク質などと結びついてVLDLという形になって、血液中に放出をされます。


ただしVLDLではそのままの形ではエネルギーとして利用できないので、今度は、脂肪細胞でつくられる、リポタンパクリパーゼという酵素によって分解をされます。


このVLDLが分解されて、全身にコレステロールを供給する悪玉のLDLや、血管壁のコレステロールとを除去する善玉のHDLがつくられます。


内臓脂肪がたかまってくると肝臓へおくられる遊離脂肪酸が増えて、VLDLの量も増加します。

さらに、リポタンパクやリパーゼの働きが低下するためにVLDLがうまく分解されないまま、血液中にたまっていきます。

そしてVLDLには多量の中性脂肪が含まれているので、それだけで血液の中性脂肪値が高くなります。


こんな感じで、内臓脂肪の蓄積は中性脂肪が多く、HDLが少ないタイプの高脂血症を発症させてしまいます。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:高血圧と脂肪
次の記事:脳梗塞の急性期治療法