スポンサードリンク

脳梗塞になってしまったら


脳梗塞になってしまったらできるだけ早く治療を受けることが後遺症の程度などに影響をしていきます。


脳梗塞が起こると、十分な血液を供給されなくなった脳細胞は死んでいき、死んだ細胞は生き返りません。

脳梗塞による脳細胞の壊死を食い止めて、身体の機能の障害を軽減していくためには早い段階で治療を受けることが極めて重要です。


脳梗塞の急性期は、脳梗塞の発症から2週間目くらいまでを指します。


そのなかでも、発症から3〜6時間以内の超急性期に治療をするのが理想です。


脳梗塞で脳細胞が破壊をされると、身体の麻痺などの後遺症が残る事があります。

後遺症を最小限におさえるには急性期の治療が絶対に必要です。


急性期の治療は、脳梗塞になった人が介助なしで、自立した生活ができるまで回復することを目標にしています。


そのためには急性期の治療に加えて、いち早くリハビリテーションを開始していくこともかかせません。


この急性期のリハビリテーションを開始することで回復の度合いは大きく変わっていきます。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。