スポンサードリンク

脳梗塞の治療・血栓溶解療法

脳梗塞治療 脳血栓溶解療法とは


脳梗塞は、脳塞栓症と脳血栓症に分けられ、それぞれにふさわしい治療が早期に開始されるのが重要です。


脳塞栓というのは、心臓などから離れた血栓が脳血管につまり、突然血管がシャットアウトされてしまうために、脳血流不全というものが生じ、脳組織が壊死する病気です。


一刻も早い治療が大切という脳卒中ちりょうですが、脳塞栓は、これまでそれほど有効な治療法がなかなかなかったため、初期治療が注目されていなかったというのが実情だったそうです。


ところが最近、米国で、発症から3時間以内の脳塞栓に対する血栓溶解療法が有効と証明され、早期治療の必要性が再認識されるようになったといいます。


血栓溶解療法は、マイクロカテーテルと大腿動脈から閉塞した脳血管のところまえ送り込み、そこから血管閉塞の原因となった血栓を溶解する、薬剤を入れて、閉塞した血管を再開通させる治療の方法です。


閉塞していた血管が再開通すると、発症直後に出現した言語障害やかた麻痺が劇的に改善することが知られているそうです。


ただこの治療法が有効とされるのは、発症からの時間はもちろんのこと、、脳の血流の障害の程度も大変重要な判断ポイントになります。


発症からどんなに早くても、脳梗塞となった場合の例では、血栓溶解療法によって、脳梗塞の部分に大きな出血が発生する恐れがあります。


血栓を溶かすといってもその人の症状とかタイミングが大切になるということですね。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。