スポンサードリンク

隠れ脳梗塞【命を脅かす脳梗塞】

隠れ脳梗塞が命を脅かす

普段の生活の中で、ちょっと気になるこんな症状に襲われた覚えはないでしょうか?

例えば

歩いているとき、突然足に違和感を感じた。

コーヒーを飲むのにカップを持ち上げようとしたら、力が入らずシッカリ持てない。

おしゃべりをしようとしても話の途中にろれつがまわらなくなる。

一瞬、話が止まり、すぐになんともなくなる。


これは実は、脳梗塞の前触れだといいます。


これらの症状が隠れ脳梗塞の典型的な症状だそうです。


隠れ脳梗塞というのは脳の血管すべてがふさがってしまうのではなくて、一部分だけがふさがり、血流が少なくなっている状態、または一度血管を塞いだ血栓が血圧などにより、再び流れ出したりする状態のことを言うそうです。


実際に隠れ脳梗塞を起こしてしまうと血液の流れが悪くなるので、一時的な症状が出るのですが、すぐに解消されるために、起こっていることにきずかない人の方が多いらしいです。

でもこういった隠れ脳梗塞のおよそ3〜4割がやがて命を脅かす、重度の脳梗塞につながってしまうわけです。


隠れ脳梗塞の原因は、やはり、脳の血管を詰まらせ血流をとどこおらせる血栓です。


人間の動脈は、絶えず血液が行き来し、血管の内膜は傷ついては修復されるという繰り返しです。

ところが血栓となってしまったものは、脳の血管へと移動し、その途中で血管を詰まらせてしまうものです。


日本人にもっとも多い隠れ脳梗塞が、微小脳梗塞ともいわれれるラクナ脳梗塞です。

ラクナ脳梗塞は、脳の深部にある細い動脈に、血栓が詰まってしまう脳梗塞で、ほんのわずかな範囲だけしか脳細胞が死滅しないため、症状があらわれにくく、あらわれても軽い症状しかでません。

でもこのラクナ脳梗塞に気づかず、長年放置しているとその数が増え、、少しずつ脳の萎縮が始まり、重い痴呆症状が起きてしまうこともあります。


少しでも隠れ脳梗塞の症状がでたら危険なサインです。

そのまま放置しておくと、命の危険はもちろん、運よく命を止めたとしても、麻痺や記憶障害などの重い後遺症があらわれることもあるかもしれません。


隠れ脳梗塞が現れていないかチェックしてみてください。


チェック!

眼を閉じて右手を斜めに掲げてください。

手を握り人差し指を立て、鼻に向けて持っていきます。

しっかりと鼻を触れればOKでう。

もしも、全く違う場所をさわってしまうようならば要注意です。


チェック!

眼を閉じて両手を広げます。

人差し指を立てて、左右の指を眼の前でくっつけるようにします。

一度で出来ないとしても大丈夫です。

ただし、何度やっても、大きくずれてしまうときは、これまた要注意


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。