スポンサードリンク

脳梗塞後のリハビリテーション

脳梗塞後のリハビリテーションについてです。


脳梗塞に対しての各種治療を行っても、運動麻痺や感覚障害、言語障害などがなかなか治らないことも少なくありません。

急性期の内科的治療、外科的治療が一段落しても社会復帰するまでの間にいろいろな訓練が必要になります。

これがリハビリテーションです。


リハビリテーションの目的は残された機能を最大限に引き上げて家庭復帰、職場復帰をすることです。

リハビリテーションをすれば元通りに回復すると考えている人もいるかもしれませんが、一度完全に失ってしまった機能はたとえリハビリテーションをしても100%元通りにはなりません。


しかし、リハビリテーションをした結果、麻痺は治らなくても自分の身の回りのことはもちろん、掃除、洗濯、台所の仕事などおどろくほど上手にこなしている人もいます。

決してあきらめず、リハビリテーションに取り組むことはとても大切なこと
になります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:脳梗塞の治療
次の記事:血栓症はがんより怖い
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。