スポンサードリンク

脳梗塞ドット.COM【脳梗塞の予防と対策】

脳梗塞を防ぐカギ

脳梗塞を予防して、発生を防いでいくためのカギは血管の壁です。血管の壁に起こる動脈硬化。これも脳梗塞の重大な原因になります。動脈硬化というと、コレステロールが悪者とされてきましたが、どうやら悪者はコレステロールだけではないことこがわかってきました。糖尿病、高脂血症、肥満、中性脂肪、HDLコレステロール…...

 

脳梗塞の予防はこまめな水分補給

暑い季節になると、汗がでて、身体の中に水分が足りなくなってしまいいます。そうなると血液の粘度もましネバネバ血液で血流も悪化していきます。もともと、動脈硬化などが進行している人は、こまめに水分補給をして脳梗塞の予防をしておくことが肝腎です。喉が渇いていてもうっかり水分補給は忘れがちです。ぜひ注意をし…...

 

脳梗塞の治療について

脳梗塞が起こった後は、適切な治療を行うことが極めて重要になります。一般に血栓がつまってトラブルをおこした血管だけでなく、脳梗塞を起こしてしまうと、脳全体の血液の流れがかなり悪化している傾向があります。脳梗塞を起こしても適切な治療を行って、脳の血流が改善されれば、残っている脳神経細胞の必要な酸素や栄…...

 

一過性虚血発作の気をつける症状

一過性虚血発作は、手足の片麻痺、失語、あるいは視野の半分がぼやけるといった症状が、文字通り一過性にあらわれて、多くは30分〜1時間で元通りになってしまう発作になります。そのいずれも、短時間だけ、脳の一部の血流が不足して虚血状態になることによっておこりますが、その多くの場合、24時間以内で症状がおさまっ…...

 

ラクナ梗塞とアテローム性梗塞

脳血栓は、主に動脈硬化を原因として、脳の血管内腔が狭くなり、やがてつまってしまい発症する脳梗塞です。発病のしかたで、ラクナ梗塞とアテローム性梗塞と呼ばれる2つのタイプにわけられます。ラクナ梗塞は、高血圧を主な原因として細小動脈の変質、変性し、内腔がふさがるタイプです。ラクナとは、脳の深部にできる小…...

 

脳梗塞を起こすストレス

脳梗塞にとって長いこと続くストレスほど恐ろしいものはありません。現代社会においてはストレスのない生活はありえません。ストレスを悪いものと考えがちですが、適度なストレスは心身の刺激になり、向上心を生むもとでもあります。ただし、そのストレス状態が長く続き、それを解消しないままにすぎてしまうと、自律神経…...

 

脳梗塞と降圧薬

脳梗塞では、高血圧に人ほどそのリスクは高くなりますが、生活を改善してもなかなか血圧が下がらない人は降圧薬を飲む必要があります。できることなら薬は飲みたくないとか降圧薬は一度飲み始めるとやめられないから恐ろしいと考えている人も少なくないようです。ただし、脳梗塞などのリスクを考えると、必要なときに降圧…...

 

脳梗塞のリハビリは身体を動かすこと

脳梗塞のリハビリは、発症したその日から行われることもあります。まずはベッドから起き上がることが大切です。脳梗塞を発症して、入院した直後からはじめるのがこの時期にリハビリテーションです。寝たままになって身体を動かさないでいると、廃用症候群といわれる状態をおこし、その後のリハビリテーションが困難になっ…...

 

脳梗塞と一過性脳虚血発作の関係

脳梗塞は、脳の血管に血栓などがつまって血流がとどこおり、脳の一部が死んで、手足のしびれやまひがおこるものです。脳梗塞、脳出血よりも頭痛の症状は軽く、血栓が溶けてふたたび血液が流れるようになると、症状が24時間以内に消失するケースがあります。症状が軽いと見過ごしてしまいがちです。一時的な症状でも受診…...

 

脳梗塞しらべる検査

脳を調べる検査は、CT、MRI、MRAなどの開発、実用化によって飛躍的に進歩をしてきました。こうした機器を使用して脳ドックでは、症状がでない段階の脳梗塞や脳動脈瘤を発見されることもあります。CT検査 X線をからだの周囲に回転するようにあて、そこから得た情報をコンピュータにより断層画像にして、体内の…...

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。